オーナーズバイク Vol.5

早いもので
ゴールデンウイークが過ぎて
もう2週間が経とうとしております。
今回ご紹介の皆さまは
GW後半、GW明けにお引き渡しのオーナー様です。
気が付いたら
YZFシリーズと
スクーターのお客様になりました。
まずは
resize4129.jpg
YZF-R6 マットダークグレー I様
お待たせしました。発表と同時に御予約頂いたI様です。
ご自身背が高くちょっと窮屈かと思いきや
一週間程で1000km走ってこられましたね。
さすが待ちに待ったオートバイですね。

resize4130.jpg
YZF-R25ABS マットブラック S様
このS様は予約時にゲットライセンスを申し込み
2019モデルR25の納期を見込んで
免許所得の日程を合わせて納車日を決定。
目論み通りの嬉しい納車となりました。
今頃は楽しく走ってる事と思います。

resize4131.jpg
YZF-R25ABS ブルー S様
こちらのS様もゲットライセンスを活用頂き
SHOEIコラボヘルメットやライディングシューズを購入。
ヘルメットやシューズをブルーで統一し
あとはジャケットを揃えるだけですね。
R25を存分に楽しんで下さい。

resize4132.jpg
TMAX530DX マットダークグレー T様
やはり大きいのが気になりだしてしまってと
マジェスティSから乗り換えて頂いたT様。
奥様とのタンデムツーリングを楽しむためETCとトップケースを装着。
考えてみるとDXならこれだけで充分ですね。
タンデムツーリング楽しんで下さい。

resize4133.jpg
YZF-R25ABS ブラック T様
こちらのT様も新型のR25をいち早く乗るために御来店。
ブラックご指名でしたね。
期待通りに気に入って頂いて良かったです。
このR25で遠距離の彼女の元へ行くのでしょうかね。

resize4134.jpg
TMAX530DX マットダークグレー S様
もう昔からのお付き合いの有るS様。
もう一台TMAX500をお持ちなのですが
思い出が詰まってるので下取りはせず増車となりました。
奥様とのタンデムツーリング楽しんで下さい。

resize4135.jpg
NMAX155 マットグレー K様
MT-10SPをツーリング仕様で
それと通勤にトリッカーを所有していたK様ですが
もっと通勤で便利なのにしようとトリッカーから乗り換えて頂きました。
これで天気が良い日など奥様とお出掛けも良いんじゃ無いでしょうか。

みなさん五月晴れでの納車になりました。
やはりゴールデンウイーク明けは
天気が良い日が続きましたね。
今年は皆さんオートバイの使い方など考え
そして低金利等の各キャンペーンを上手く使って
賢くオートバイをチョイスする方が多いですね。

今回ご紹介の皆さま
今後共よろしくお願い致します。
大場より。

九州ツーリング 令和編

気が付けば
九州から帰って来て
一週間以上経ってしまいました。
良い思い出作りが出来たと思います。
では令和編のご報告です。

旅館で朝一番の朝食を取り
早目の出発
この日も雨が降ったり止んだり
それでも予定通り
阿蘇山の麓から
鹿児島まで一気に走り抜くコース
目的地は
resize4117.jpg
最南端の佐多岬
さすがGWで
雨でもライダーが多くてビックリです。
resize4118.jpg
ここで出会ったのが
埼玉から来たと言うバイク女子
一人旅と言う話でこれまたビックリ
気の向くままマイペースで走るとの事でした。
resize4119.jpg
記念撮影用の看板も
当然のごとく令和に変ってました。
実はこの5月1日に撮った画像が少なく
あらためて考えると撮る暇無く走り続けたためでした。(約600km)
泊まるホテルは指宿。
鹿児島湾をぐるっと回り
この日ホテルに着いたのが
夜の9時
ホテルの気遣いで夕食は大丈夫でした。

九州最終日は
やっと快晴に恵まれ
ホテルの景色は
resize4120.jpg
最高
resize4121.jpg
自然とモチベーションが上がります。
最終日はフェリーで帰るため
また大分港が目的地
やはり阿蘇経由でツーリング
resize4122.jpg
指宿スカイラインを走り
九州自動車道で北上し
resize4123.jpg
やっと阿蘇の景色を
resize4124.jpg
楽しみながら走れました。

無事大分港に着き
翌日神戸港から高速で帰って来たのですが
こんな五日間も走りっぱなしで
オートバイを楽しんだのは
学生の頃以来だと思います。
あの頃とは歳もバイクも違います
自分の体力を考えると不安なところも有りましたが
オートバイ選びも重要だと思いました。
なにしろ帰って来てから洗車出来るほど
体力が残ってましたので
ロングツーリングに適したバイク選びが
重要なファクターだったと思います。
九州では色々なオートバイと遭遇
さすがにスーパーテネレは見掛けませんでしたが
FJRTRACERがやたらと目に付いたのは
間違いないです。

resize4116.jpg
帰りの高速でこんな看板も見かけましたね。

resize4125.jpg
無事故無違反で
帰ってこれた
今回の九州ツーリング
本当に沢山の良い思い出が出来ました。

よくぞ走ったツーリング
resize4126.jpg
総走行距離2331km
ちなみにトリップ1は神戸港からの距離
resize4127.jpg
燃費は22.0km/L
想像以上の燃費の良さでした。

resize4128.jpg
個人的にこんな事も有りましたが
旅先での愛情に感謝致します。

このゴールデンウイークに
遊ばせてくれた奥様に感謝しながら
これからも仕事頑張ります。
「ありがとう九州」
大場より。

新オフロード雑誌「GO RIDE」発刊!

ゴールデンウイークが過ぎ
暖かい日が続いてますね。
オフ車乗りは
やっと雪の心配無く
林道に入れますね。
なので
この時期を狙ったのか
どうか判りませんが
新しいオフロード雑誌
「GO RIDE」
発刊になりました。
resize4114.jpg
すこし前に休刊になった
有名オフロード雑誌になり変って
新しくなったオフロード専門誌になります。

先日久しぶりに
中古車雑誌等で
お世話になった
元担当者から
こんな雑誌作るんでよろしくと
話を頂いたのがこの「GO RIDE」
なので
ちゃっかり
resize4115.jpg
当店のイベント記事
なども載っております。

当店のオフ車乗りのみなさま
是非この「GO RIDE」
書店でお求め下さい。
よろしくお願いします。
大場より。

九州ツーリング 平成編

長い長いGW休暇が終わり
仕事に違和感が有る方も多いと思います。
僕もその一人ですが・・・
今回のGWは当店も連休を頂き
その間、僕のスーパーテネレを相棒に
九州へツーリングに行って来ました。
resize4104.jpg
当店の連休中の
4/29~5/3までの予定。
少しばかり早起きをして
仲間との集合場所へ
resize4105.jpg
このコが幸運の女神になることを祈りつつ出発
resize4106.jpg
無事に集合しましたが
やはり首都高は混み合っており
集合時間ギリギリになりましたね。
集合場所は足柄SA
ここからこの4台で走ります。
resize4107.jpg
九州ツーリングとは言っても
九州まで自走では無く
神戸まで走りフェリーで大分に行くコース
船旅を交えたツーリングです。
なんて贅沢なと言われそうですが
宿泊代、高速代、ガソリン代を考えると
ベストな選択だと思います。
resize4108.jpg
雨が降ったりやんだりの天候でしたが
予定より早く神戸に到着。
resize4109.jpg
フェリーの中はライダーが多く
みんなニヤニヤが止まらないと言った表情。
夜の7時に出港して大分に朝7時に着岸。
一晩寝たら楽しいツーリングの始まりです。
resize4110.jpg
大分に着いても雨だったのですが
お判りですか?
現地集合で一台増えました。
若者が一人合流
こういったのも旅の醍醐味ですね。
resize4111.jpg
やはり走っても走っても雨は止まず
霧の中のツーリングになりました。
朝早かったので早目の昼食をと
立ち寄ったのが
resize4101.jpg
レストラン北山
気さくなご主人が居る素敵なレストラン
やはり晴れてると絶景らしい
そこで頂いたのが
resize4099.jpg
有名な倍喰丼(バイク丼)
熊本の赤牛を使った丼ぶり
絶品でしたね。
阿蘇に来たら是非食べて頂きたいです。
resize4102.jpg
コーヒーの器も凝ったモノ
コチラも美味しかった!
少々値が張るので
わざわざ来た若者には僕のオゴリです。

今回のツーリングの目的は
やまなみハイウエイを走ること
も有ったのですが
僕の一番の目的は
resize4103.jpg
ケニーロード
僕の大好きな世界GPチャンピオン
ケニー・ロバーツが愛したワインディングロード。
初めてバイクに乗ってて泣きそうになりました。
resize4112.jpg
看板の支柱がフロントフォークになってるのも
洒落が効いてます。

なんだかんだで
走り切った感が有る九州初日でしたが
気が付けばココまでの走行距離約800km
すっごく楽しかったので疲れ知れずでした。
resize4113.jpg
ここ阿蘇の麓で
新元号「令和」を迎えるとは
何かを感じずにはいられないです。

今回僕が連れていったスーパーテネレは
言わずと知れたアドベンチャーモデル。
とは言えロングツーリングに適応した
FJR1300ASと通ずるモノが有ります。
大柄だからこその乗車姿勢の良さ
疲れ知らずのツーリングモデル。
話したい事は山程有りますが
続きは次回「令和編」にて

よろしくお願いします。
大場より。

2019年4月