富士山を見にスーパーテネレで

このところ初夏という雰囲気で

皆様ツーリングへ出掛けてるようです。

僕もこの時期はオートバイで

出掛けなければもったいないと思い

チョイスしたのがこのオートバイ

resize3533.jpg

XT1200Z スーパーテネレ(XT1200ZEではありません)

なにかの縁なのでしょう

先日僕の手元にやってきたスーパーテネレです。

FJR1300と同じくヤマハツーリングバイクの代表格

そんなスーパーテネレと久しぶりに走ることにしました。

やはり高速走行がメインにしたいので

こんな時間からスタート

resize3534.jpg

5時前から出発し

山手トンネルから東名高速へ

こんな時間空いてない訳がない。

オートバイを楽しむにはもってこいの時間帯。

ただスピードを出せるぞという訳では無く

空いているので自分のペースで

前後を気にせずに走れるという事

オートバイをストレス無く乗れると思います。

resize3536.jpg

あっという間に足柄SA

首都高で4,5,6速のエンジンフィール

路面の段差でのサスペンション

「そうそうこんな感じだよねスーパーテネレは」

などとつぶやきながらの高速でした。

ここから西伊豆へと向かいます。

resize3537.jpg

途中の峠道 

スーパーテネレに似合いの場所でした。

resize3538.jpg

目的地のひとつ

西伊豆スカイライン

今回の最大の目的は富士山

ここぞと探してのショットが

resize3540.jpg

なかなか難しい富士山ショットでした。

 

だいぶテネレを堪能して

ようやく9時頃に朝食

resize3541.jpg

早すぎて開店前

そうと見込んで

コンビニで買ったおにぎりを

富士山を見ながらほうばる。

 

そして下山

resize3542.jpg

海岸へ下りたのですが

やはり朝と違って気温が上昇しており

この時期でも気温の変化に気を付けなければです。

 

 

以前スーパーテネレに対して感じたことを

再認識するつもりで走りにいったのですが

今回はFJR1300ASという比較対象があることで

分かったことが多々有ります。

まずはエンジン、6速での3~4000回転での快適さ

丁度、高速での常用域100~120km/hになるところ

不快と思うような振動が不思議と無いのです。

確実に四気筒とは違う振動が不快では無くなるのです。

長距離移動にはかなりのアドバンテージではないでしょうか。

サスペンションに関してはダートは走りませんでしたが

高速の乗り心地はFJR1300に通じるものがあり

重さゆえのギャップ吸収だと言わざるを得ません。

受け止めるというより受け流す感じ

スピードを出すほど顕著になります。

カウルの効果は絶大で特にオプションの

ウインドディフレクターが装着してあるので

FJR1300並みに良かったです。

欲を言えば電動とは言わないが簡単に調整可能だとさらに良いですね

 

重さが気にならなければ

FJR1300スーパーテネレ

軽さがやっぱりねと言う方は

TRACER900

という感じじゃないかと思います。

(ちなみに車重差約50kg)

resize3535.jpg

燃費は意外にも良く

この数字だったら途中給油無しで帰ってこれた計算

試したほうが良かったですね。

 

それとこれは余談ですが

山手トンネルの暑さに注意です。

もうすでにこの日の朝でも

山手トンネルはものすごく暑くなっておりました。

今回帰りも渋滞は運良く無かったですが

渋滞してたらと思うとゾッとします。

山手トンネルは渋滞時は危険です。

気を付けて走行して下さい。

渋滞時は回避したほうが絶対に良いですよ。

 

XT1200Z スーパーテネレ・・・ 

FJR1300ASを持ってる僕には悩ましいバイク。

なので当分はこのテネレ手元に置いときましょうかね。

大場より。

セローあとベージュ一台!それと衝撃の・・・

表題の通り

本日、セロー250グリーンが

成約となり

resize3531.jpg

当店のセロー250の在庫が

ベージュ一台のみとなってしまいました。

resize3518.jpg

最後の最後は

誰の手に渡るのでしょうか

最後の一台

お早めにお考え下さい。


なんと最後のグリーンユーザーは

resize3532.jpg

XR250バハから乗り換え

僕と付き合いの有る

一部のコアな方たちはザワザワすることでしょう

衝撃的な結末になりました。

「もう重く感じちゃってさあ」

との事らしいです。

これで一緒に走りにいけると良いですね。

大場より。

MT-09SPのFサス少しだけイジッてみました。

この5月

昼間は日に連れて暑くなり

夏が近づいて来た感じがしてますね。

ツーリングには最適な季節になりました。

それでも標高が高いところはまだ寒いかも知れませんね。


先日の定休日

MT-09SPのサスがどうしても気になり

少しばかり走りに行って来ました。

resize3524.jpg

まだ早朝は涼しいくらいでしたが

こんな時のグリップヒーターですね

resize3525.jpg

今回の本題は

サスのゴツゴツ感

特にフロントが気になってしょうがないので

走りながら調整をこころみました。

resize3526.jpg

いつもの峠へ行く途中

高速の繋ぎ目や街中の段差など

ノーマルの状態を確認してから調整に入ります。

resize3527.jpg

今回イジッてみたのは

圧側(縮み側)の高速域

ご覧の通り14mmのスパナで調整します。

僕としては段差でのサスの動きが悪く感じてるので

サスが縮む初期動作の高速側を緩めていきます。

今回はあくまでも乗り心地重視のセッティング

本気でコーナリングに合わせるのであれば

違ってきますので参考程度にして下さい。

resize3528.jpg

いろいろ走り込みましたが

結論から言うと最弱に近いところで落ち着きました。

ノーマル値から2回転緩めたところが

僕にとって一番居心地が良いMT-09SPになりました。

ノーマル値より素早く動いてくれて

元々ピッチングが好きな僕としては合格点だと思います。

調整する時の注意点を明記しておきます。

取り説に書いて有りますが

締めこんでから戻した回転数で書いて有ります。

よって素の状態から戻すのではなく

きっちり締めこんでから戻すようにして下さい。

面倒くさいですが調整の基本になります。

resize3529.jpg

resize3530.jpg

まだまだ距離が延びていない

ウチのMT-09SPですが

走り込むうちにまた印象が変わるかもしれません。

そのときはまた調整すればいいことで

こんな事が楽しみのひとつ。

MT-09SP 奥が深そうです。

大場より。

新型ヘルメットYX-6ギブソン到着!

今回ご紹介するのは

新型ヤマハオフロードヘルメット

YX-6 ZENITH GIBSON

resize3520.jpg

今までも好評だった

オフロードヘルメットのギブソンが

フルモデルチェンジです。

resize3521.jpg

デザインは、あのS社の商品に似ているが

前モデルよりエッジが効いて

resize3522.jpg

見た目もカッコ良く

そして内装も進化し

ホールド感はだいぶ良くなりました。

これなら本格的にオフロードで使ってみたい気がします。

それと意外にも

resize3523.jpg

TRACER900などにも似合いそうですね。

 

4月発売予定でしたが

やっと入荷しました。

気になる方は是非一度ご覧下さい。

 

5WAYシステムということなので

TRACERに限らず

MTシリーズなどは

ハマるデザインじゃないでしょうか。

 

よろしくお願いします。

大場より。 

セロー250オレンジ当店完売。残りは・・・

やっとGW休み明けの

ドタバタが落ち着き

いつもの日常になりつつあります。

そしてはたと気が付けば

当店在庫のセロー250オレンジ

完売となりました。

resize3519.jpg 

セロー250

昨年惜しまれつつも

生産終了となり

「次期新型モデルを開発してます」

とリリースが有ったものの

いつ頃発表になるのか判らないのが現状。

なのでその時までと

当店でもセローはだいぶ在庫をしていたつもりでしたが

やはりセロー人気は根強く

とうとう残りは

resize3518.jpg  

このベージュとグリーンの各一台となってしまいました。

resize3517.jpg 

後悔する前に・・・

よろしくお願いします。

大場より。