コロナ禍の中での考察

久しぶりのブログになります。
みなさまのおかげで
今日も営業を続けせて頂いております。
新型コロナウイルスの影響の中
営業時間を短縮させて頂いておりますが
その最中においても需要がある程度
回復傾向にあり、この業界も
そして当店も、その先を見据えた
ビジョンを持たなければならいと思います。

コロナ禍の中では一番密を避けられる
乗り物がオートバイで有り
フルフェイスを被って一人で走ってみれば
おのずと答えが出ますよね。
セルフでガソリンを入れたり
ツーリングも密を避ければ
オートバイを楽しむ事が出来るはずです。
resize4763.jpg
僕は一人行動型なので
自分のペースで行きたいところへ
resize4764.jpg
気ままに走りに行きます。
resize4765.jpg
毎回の事ながら
resize4766.jpg
夜明けに出て
2~3時間で帰って来る
resize4767.jpg
今年の夏はそんな楽しみ方でした。

このところの傾向としては
テネレ700や
resize4772.jpg
このYZF-R1などは別格で
待ちに待った方達が選んでるオートバイで
他のみなさま達は
resize4770.jpg
気軽に思い立った時に出かけられるオートバイを
選んで頂いてる印象です。
TRACER900GTなどは軽さがウリなので
パッと乗り込んで高速で一気に走りに行く
そこが人気の理由なのでしょう。
それと8月に入ってからなのですが
resize4771.jpg
トリシティのお話が多くなっています。
125も155も両方です。
不思議とみなさまシロを選択されてますが
安心出来るところが評価されてるようです。

それとベテランライダーの
ダウンサイジングも傾向のひとつで
リッターオーバーのオートバイから
ミドルクラスへと乗り換え
理由はさまざま有りますが
重さだったりポジションだったり
でも共通して言えるのが
気軽に乗れるオートバイにしたい
誰でも老いには勝てないと言う事なのでしょう。
かくいう僕も只今考え中だったりします。

この状況下の中
うつしたりうつされない
最低限の努力を続ければ
オートバイは人生を楽しむための
ひとつのツールだと思っております。
そしてみなさまのオートバイライフを
応援しております。
これからもよろしくお願い致します。
大場より。

※医療関係の方々とお話すると
 本当に頭が下がる思いです。
 この新型コロナウイルスの
 一刻も早い収束を願っております。

一泊ツーリング中止のお知らせ

毎年10月に行っている
YSP一泊ツーリングですが
今年は新型コロナウイルスの
影響により
中止とさせて頂きます。

楽しみにしていた方々には
心苦しいのですが
中止の決断となりました。
まだまだ感染が増え続けており
参加人数の多さと密を避けられない
イベントになりますので
ご理解頂きたいと思います。

結局今年は主だったイベントは
中止となってしまいました。
来年こそはと願っております。
店主 大場

オーナーズバイク Vol.7

長い長い梅雨が終わって
途端に酷暑となりましたね。
みなさまも
体調管理に気を付けて下さい。
熱中症はもちろんですが
コロナ対策も忘れずにです。

7月の梅雨空の中でも
オートバイを楽しむ事を
忘れずにいた皆様となります。
resize4747.jpg
YZF-R3 マットレッド M様
都内からお越し頂いたM様です。
このマットレッドのR3を探していたようで
当店最後のマットレッドになりました。
仲間とのツーリング楽しみですね。

resize4748.jpg
SR400 ブラック O様
SR400が乗りたいと来店されたO様です。
キック始動も難無くこなし
これからSRの魅力にハマって行く事でしょう。
SRはマイペースが基本です。
あせらずにSR400と付き合って下さい。

resize4749.jpg
ファイナルセロー グリーン H様
前からセローが欲しかった言うH様
ファイナルと聞いてのご来店でした。
当店オリジナルの林道コンプリートで
どこまで行かれるんでしょうか。
素敵な奥様と一緒にセローを楽しんで下さい。

resize4750.jpg
MT-25 ブラック S様
発表になってからMT-25に魅入られたS様
何の迷いも無く即決でしたね。
ゲットライセンスを使ってお得に
オプションパーツを揃えて頂きました。
MT-25とツーリング楽しんで下さい。

resize4752.jpg
YZF-R25ABS マットブラック S様
都内在中のS様ご家族とご一緒に来店でしたね。
やはりこのマットブラックが良いと即決
ゲットライセンスを使い防犯のため
アラームなど取付させて頂きました。
ご家族でツーリングされるんでしょうかね。

resize4753.jpg
YZF-R3 マットブラック T様
高速メインだったらR3だよねと
このR3マットブラックを選択のS様
このR3で慣れたらステップアップも
良いんじゃないでしょうか。
カウルの効果も期待して下さい。

resize4754.jpg
テネレ700 ホワイト T様
この方も発表と同時ぐらいの注文を頂いたT様
生産の都合上少し遅れてしまいましたが
この笑顔で僕等救われました。
期待通りの走りをしてくれると思います。
WRとの違いを是非今度お聞かせ下さい。

resize4757.jpg
テネレ700 ブルー S様
羨ましいほど背の高いS様です。
テネレに相応しい体格の持ち主
絶対に楽しめますよね。
サイドケースを装着しロングツーリングも
可能に仕上げたテネレ700
どこまでも行ける気がします。

resize4758.jpg
MT-09SP O様
大型免許を取る前に注文してしまったO様
ゲットライセンスプレミアムを使って頂いたが
それでも有り余る程のパーツの多さで
正直納車時に間に合わなかったパーツも有りましたね。
R25からの乗り換えですがスパルタンな足回りのSP
楽しんで頂けると思います。

resize4759.jpg
SR400 ブラック H様
注文から約一か月程お待ち頂いたH様です。
あのイタリアンなバイクから乗り換え
体格の良いH様ですのでキックの心配は無用でした。
奥様とのタンデムが中心になるようで
ご夫婦でSR400を楽しんで頂けるみたいです。

resize4756.jpg
SR400 ブルー Y様
ここにまたSR女子が増えました。
YZF-R3からの乗り換えなのですが
やはりパワーでは無くSRの雰囲気なのでしょうか。
何度も言いますがSRはマイペースが真骨頂
ゆっくりと自分のペースでSRと付き合って下さい。

resize4755.jpg
MT-10SP N様
ド派手なクルマと登場のN様です。
彼が高校生の頃からの付き合いになりますね。
こう見るとあの頃とは違い立派になった証しですね。
美人な奥様が免許取りたいとおっしゃていましたが
夫婦でツーリングなんて楽しみですね。
久しぶりのバイク気を付けて楽しんで下さい。



ここのところ
点検車検及び修理等
ご予約をして頂く
お客様が多くなってきて
スタッフ一同感謝しております。
限られた時間で作業するのに
非常に救われております。

このコロナ禍の中
お客様及びスタッフの安全を考え
営業を致しております。
それゆえ
皆様のご協力感謝申し上げます。

みなさまのオートバイライフを
支えるため
さらなる努力を続けていきます。
今回ご紹介のみなさま
今後とも宜しくお願い致します。
大場より。

Tenere700に乗ってみました!

先日のYZF-R1Mに続き
今年発売の新型車
テネレ700を
乗れる機会が巡って来ました。

梅雨明けの酷暑の中でしたが
少しでも体に負担が無いよう
夕方から出発です。
resize4733.jpg
僕の足の長さに合わせて
LOW仕様のテネレ700
resize4734.jpg
借り物を壊してはいけないので
ダート走行は諦め
高速とタイトな峠道に
resize4735.jpg
県をまたぐ行動になってしまいましたが
いつものごとくガソリンスタンドしか寄らず
resize4736.jpg
走りっぱなしのツーリング
resize4738.jpg
楽しみすぎて
resize4739.jpg
だいぶ汚してしまい
即洗車となりました。

今回走って感じた事は
resize4740.jpg
どんなシュチィエーションでも
そつなくこなしてくれるという事
resize4741.jpg
カウルの効果も有り
高速は楽勝で
resize4742.jpg
街中でもこの車重と
700ccのパワーで走りやすい
MT-07との車重の違いだと思いますが
エンジンセッティングも変わってますね。
パワーバンドと言う概念が無く
アイドリングから一直線に
吹け上がっていく感覚です。
resize4743.jpg
このローシートは間違っても
良いとは言いにくい
変にえぐれているので
ポジションに自由度が無く
しかもお尻が痛くなるスピードが速い
リンクで車高を落としてノーマルシートが
良いんじゃないかなと思います。
resize4744.jpg
リヤサスは新車時は動きが渋く
徐々に動くようになってくる感覚
慣れるまでイニシャルを抜いて
動くようになってから好みに仕上げると
良さそうですね。
resize4745.jpg
前述のカウルの効果に戻りますが
ヘッドライト横の三角が
かなり効いてますね。
オフ車にありがちなジャケットが
バタつく事はだいぶ減る事になります。
resize4737.jpg
このテネレ700でダートは攻めても
峠を攻めるヒトはいないとは思いますが
それでもアクセルのONOFFで
相当楽しい思いが出来ますね。
ダートはどうなるんだろうかと
ワクワクしてしまいます。
燃費はMT-07より多少落ちるぐらい
及第点はクリアです。

正直に言うと
こんなに良く仕上がってるとは
思いませんでした。
スーパーテネレを持ってる僕としては
どうしても比べてしまうのですが
足付き以外は満足度高いです。
約4年待った甲斐が有りますね。
特筆すべきは高速走行
振動レベルが相当低い
法定速度内で有ればTRACER900を凌ぐ程
スーパーテネレまでとは言えませんが
手足に来る微振動はオフ車とは思えないです。
ここが帰って来た後で
すぐ洗車しようと思えるレベルと言えます。

ひとつだけ気になったのは
resize4746.jpg
このケースカバー
シートにドカッと座ってると
確実にスネに当たります。
オフロードブーツを履いてれば
気にならないとは思います。
でも林道やダート走行は
基本スタンディングだと思いますので
気にするレベルでは無いですかね。

目的地まで楽に快適に走って
林道を楽しむ
そんな使い方が良いんじゃないでしょうか

このテネレ700は
エクスクルーシブモデルと言って
販売店を限定としたモデルになります。
今年の生産分は各取扱店が持ってる在庫のみ
当店でも今現在各色一台となっております。
※8/20追記 ホワイト完売
残りアオ(11月生産分)、クロ(在庫有り)
各一台になりました。

気になる方は取扱店までご連絡をお願いします。

相当体がなまってたんでしょう
スタンディングで太ももが筋肉痛
コイツを乗るには
体を鍛えなければと思います。
僕が発注したテネレ700のウチ
最後に残ったテネレ700の購入を考えてます。
林道へ連れて行くのは来年になりそうですが
まだまだオートバイを楽しんでいきたいと思います。
大場より。

YZF-R1Mに乗ってみました!

梅雨が明けた途端に
この暑さ
なかなか思うように
体が動かず愚痴ばかりです。

今回はヤマハ発動機販売の
ご厚意により
YZF-R1Mと言う
ヤマハ最新の技術を投入した
一番高価な車両を貸して頂きました。
resize4719.jpg
久々に胸躍るバイク
かと言ってサーキット走行では有りません。
今回のテーマは
「街乗りでも快適に走れるか」
resize4720.jpg
暑いし僕のスケジュールの都合で
resize4721.jpg
夜明けの都内を
resize4723.jpg
一時間ちょっとのショートコース
resize4724.jpg
それでもYZF-R1Mの楽しさを
味わうには十分でしたね。

resize4726.jpg
まずはポジション
歴代のR1を乗った事があれば
違和感は感じないと思います。
ハンドルのタレ角や
シート、ステップ位置
僕はこのポジション好きです。
resize4727.jpg
足付きは歴代の中でも悪い方でしょうか。
僕の短い足だとふくらはぎにステップがささります。
まあ信号待ちだけと割り切りが必要ですね。
resize4728.jpg
僕が乗る前に懸念していたのが
この電子スロットル。
正真正銘ケーブルレスになったので
違和感を感じないかと思っていたのですが
杞憂に終わりました。
ここまで適度な操作感は
開発陣にエールを送りたいくらいです。
resize4729.jpg
ブレーキはやはり最上級と言わざるを得ません。
最高のタッチと握り込めばその分効きが増してくる
このストッピングパワーは
サーキットでも最大の武器になる事でしょう。
resize4730.jpg
電子制御オーリンズに関しては
まず乗り心地が良い事
コーナリングは安定感有りすぎる程です。
荒れた路面、特に段差が激しい路面では
キックバックが来る事も有りますが
総じて動きが良くさすが電子制御
MT-09SPとは少し違う気がします。
resize4731.jpg
カーボンカウルも
雰囲気が良いですね
resize4732.jpg
こんなの見るとゾクッとします。

エンジンは
言うまでも無く最高ランク
相変わらずメカノイズは煩いですが
これ以上のパワー感は他には無いですよね。
resize4725.jpg
燃費は見ての通り
計算すると約16km/L
このパワーを考えると良い方ですよね。
ですが、これは僕の私感ですが
発進時は気を使います。
ユーロ5の排ガス対策なのか
アイドリング+アルファぐらいの
トルクが薄いなと感じました。
クラッチミートでギクシャクし
実は坂道でエンストという失態。
ここが唯一のウイークポイントかと思います。
僕はPWR-1にしてようやく良い具合になりました。

好き勝手な事を書いておりますが
少しでも参考にして頂ければと思います。

遊び道具としては
だいぶ高価ですが
楽しさや満足感は最高ランク

あとひとつ
ウイークポイントが有りました。
このバイク相当な熱量
耐えられず一時間で帰ってきたのが本音
歴代のR1の中でも特別かも知れません。
それでも楽しかったですよ。
大場より。

※8/8追記

問い合わせが多い為
追記致します。
YZF-R1Mは現時点では
メーカー完売となっており
取扱店の在庫分のみとなってしまいます。
当店では在庫は惜しくも有りません。
ですがYZF-R1(R1Mではない方)は
9月30日まで受注生産となり
約3~4か月掛かりますが注文可能です。

QS(クイックシステム)のお話をするのを忘れてました。
とても良く出来たシステムです。
アップ側もダウンシフトも今までに無い
シフトタッチになってます。
特にダウンシフトはスリッパークラッチと
相まってウルトラスムーズです。
スイッチ感覚で僕等古い世代は
ミッションこれで大丈夫か?
なんて思ってしまいます。
過大なエンジンブレーキが掛からないので
サーキットでは楽しそうですね。