FJR1300ASにドラレコ取付

やはり最近みなさんから
ご要望が多いのが
ドライブレコーダー
「もしもの」って時のために
それとツーリング先の景色を残すために
取付される方が多くなっております。

そこで今回の僕の仕事は
resize4415.jpg
FJR1300AS
以前所有していた事も有り
親しみの有るオートバイです。

即座にバラシ
resize4416.jpg
取付箇所の選定に入ります。

今回苦慮したのは
リヤカメラ
resize4420.jpg
思い切り良く全部外して
resize4419.jpg
最低限の加工で
resize4417.jpg
配線を通します。
だいたいの位置が決まれば
コッチのもので
resize4422.jpg
粛々と進めて行きます。
このミツバ製のドラレコは
各コネクターの形状が一緒なので
resize4421.jpg
僕は間違えないよう
一応マーキングして接続します。
壊さないようにはもちろん
確実な作業のために
僕の最低限のルール。

余談ですが
resize4418.jpg
FJR1300ASのライセンス灯
こんな所もLEDになってます。
さすが最上級モデルと言ったところですね。

今回の取り付けで
使わせてもらったのが
resize4424.jpg
プロトさんから新発売の
ドラレコ専用カメラステー
これでリヤカメラの取り付けも
resize4425.jpg
だいぶスッキリです。
発売直後の新商品で
ちょうど間に合いました。
これでリヤカメラ取付位置で
悩む事も無くなりましたね。

resize4426.jpg
少々取付の日にちは頂きますが
「もしも」の時のために
どうでしょうか。
いつでもご相談下さい。
よろしくお願い致します。
大場より。

※他メーカーに取り付け及び
 取り付けに関するご相談は
 ご遠慮下さい。

SEROW FINAL EDITION

うすうす感じておりましたが
セロー250の
カラーチェンジが発表になりました。
しかも予想だにしなかった
ファイナルの文字が!
20_XT250_PWS1-G_3.jpg
一見変わって無いようですが
20_XT250_PWS1-R_3.jpg
各色フレームが同色になっております。

ヤマハにしては珍しく
ファイナルエディションと命名
今までは静かに絶版車になる運命の
ヤマハ車でしたが
やっとヤマハも気付いたのでしょう。
この空冷エンジンによる
抜群の扱い易さのセローとしてファイナルになります。

同時にツーリングセローも発表
なので当店オリジナル
林道パッケージも引き続き
ご用意致します。
resize4384.jpg
(画像は2019モデルです)
詳細は近日発売の
SEROW ONLY Vol.5にて
これからでも
差替え入稿間に合うはず?
ご興味が有ればご購入下さい。


オフロード車の代名詞
是非よろしくお願いします。
大場より。

SR400 やっと2色揃いました。

11月も
あと数日
クリスマスイルミネーションの
ニュースなどを聞くと
年末が近づいて来てるな
など感じてしまいます。

それでも
当店のお客様は前向きな方が多く
本日入荷したのが
resize4405.jpg
この3台
オーナーが決まってる車両も有りますが
resize4406.jpg
やはりブルーが多いですね。
セカンドバイクとして選ぶ方
ロングツーリングのため乗り換えの方
様々ですがありがたい事です。

今回ご紹介したいのが
resize4407.jpg
昨年発表から大変好評で
常に1~2か月入荷待ちとなっておりましたが
やっとブルーが入荷
ようやく2色とも展示できるようになりました。

resize4409.jpg
微妙に違う
resize4408.jpg
各パーツの色使いが
確認頂けると思います。

気になる方は
是非ご来店下さい。
よろしくお願い致します。
大場より。

50代になってのバイク選び

この仕事を始めてから
良く言われるのが
「バイクは何に乗ってるんですか?」
昔はこんなの乗ってて
今はコイツに乗ってます。
なんて答えてはいますが
ふと考えると自分の歳とともに
選ぶオートバイが変わってきている事を
最近感じております。
20代では考えられないオートバイを
選ぶようになってきてますね。

正直言うと2005年ぐらいから
10年ほどはオートバイを所有していませんでした。
同い年ぐらいの年代の方もそうだったと思いますが
結婚して子供もできて家庭の事情を言い訳に
所有していない時期が有りました。
その当時はツーリングも店の試乗車が有るので
困りはしなかったものの
所有してる喜びは当然無かったです。

常連の方々はご存じですが
今はオンオフ合わせて3台所有し
バイクライフを楽しんでいます。
それでも歳を重ねるごとに選ぶバイクは変わりますね。

resize4398.jpg
僕を久しぶりにツーリングに誘い出してくれたのが
このMT-09TRACER
昔乗っていた99、03のYZF-R6とは真逆のバイク
当時は走り疲れも魅力のひとつと思ってましたが
バイクによっては走り疲れしない事を判らせてくれたバイク。
走りの余裕を感じさせてくれました。
タンデムで奥様と走り始めたのもこの頃で
お盆休みを利用してタンデムツーリングしたのが
MT-09TRACERの思い出として残ってます。

そこで気を良くして
resize4392.jpg
次に選んだのが
FJR1300AS
resize4404.jpg
ヤマハ車を代表するロングツアラー
クラッチ操作がいらないのはもちろんですが
風圧がこれほど疲れ方に影響が有るのかと
改めて感じさせてくれました。
それと重さによってこうも乗り心地に差が出るのかと
思わせてくれたのがFJRでした。
車重が有るので体力が有るうちじゃないと
間違った選択になってしまいますね。
ウチの奥様いわく乗り心地は一番と高評価でした。

FJRを持っていたにも関わらず
欲を出して手してしまったのが
resize4395.jpg
XT1200Zスーパーテネレ
見た目より足付きが割と良く
当時50歳目前の僕でもギリギリの車重(FJRと30kg差)
そしてデカイので所有感は一番でしょう。
わざとダート走行してみましたが
僕のテクニックでは無理が有るので
やはりロングツーリングに向けての使い方になりましたね。
resize4393.jpg
そこで奥様に頭を下げて手に入れたのが
XT1200ZEスーパーテネレ
1200Zから1200ZEにした事によって
標準装備のオートクルーズやグリップヒーターの恩恵で
よりロングツーリングが楽になりました。
今年は九州にツーリング
思い入れが深い一台になってます。

歳を取るにつれ
使い方と重量が課題になってきますね。
個人的にも自分は贅沢だなと思うのですが
日帰りツーリング用として
resize4403.jpg
XSR900を持っております。
初期型のMT-09から乗り換えて
コツコツとカスタムを進めてるバイク
コイツは荷物を積む事は想定していないので
あまり距離を走らず
resize4401.jpg
片道200キロ程度の走り方
resize4402.jpg
昔のようにワインディングを楽しむために
持っているオートバイです。
本当にこの三気筒は素晴しい
しかも初期のMT-09とは違い
XSRは軽さと落ち着きが丁度良い塩梅で
僕等の年代には有ってるんじゃないかと思います。
発表と同時に購入したので
現在所有してる中で一番付き合いが長いですね。
ちなみにコイツでタンデムした事は有りません。

もうひとつ贅沢なのは
オフ車になりますね。
以前に所有していたのが
resize4390.jpg
WR250R
ご覧の通り
resize4391.jpg
オフのコースなど走ったりして
楽しんでいたのですが
やはり歳を重ねるごとに
コースを走るための独特の素早い動き
的確な操作や体重移動にさすがに付いていけず
今はセロー250で林道を楽しんでいます。
resize4396.jpg
セローの何が良いって
resize4397.jpg
気軽に何処でも行けるところで
スピード出さなくたって良いんです。
多少転んだってなんとかなるんです。
ダートで転んでも家に帰れるのが
セローのコンセプトのひとつ
なので僕のセローはキズだらけです。



自分も歳を重ねるにつれ
体の変化や環境の変化に合わせて
趣味嗜好と安全を考えるようになりました。
昔のようにペラペラのジャンパーにGパン
スニーカーでは走るのも怖さが先に立ち
安全装備の大切さも分かる年代になり
たまに高速などで同年代のライダーが
スニーカーで走ってるのを見ますが
痛い目に合わないと判らないのだろうな
と勝手に思ってしまいます。
今までずっと乗り続けている人も
これから走り始める人も
今の自分に合ったバイク選びをして頂きたいです。
それでも憧れや目標も大切な選ぶ条件だと思います。
片足しか付かないから諦めようとか言わないで下さい。
僕が今乗ってるバイクは全部片足しか付きません。
要は慣れと工夫です。
教わった通りにするだけでは進歩は無いですよね。
少しの工夫でオートバイと言う
非日常の楽しさが味わえると思っています。
自称「ヤマハ馬鹿」なので
近年のヤマハ車の良し悪しは分かってるつもりです。
同年代の方は是非ご相談下さい。

僕も数年後には
resize4399.jpg
このXSR700のような
ミドルクラスに乗り換えてるかも知れません。
しれっとテネレ700だったりするかもです。
自分の考え方では
飽きて乗り換えるのでは無く
安全と向上心により
趣味の継続として乗り換えております。
皆様も長く趣味としてオートバイを楽しんで欲しいです。
前述の通り
使い方(自分の環境)と
重量(自分の体力)が
バイク選びの課題になります。
オートバイと長く付き合うのも
自分の体力と向き合って行くしかないですね。
僕も自問自答しながら
今後もバイク選びをして行きたいと思います。
大場より。

人気のセロー250 ブルーがラスト一台に!

秋も深まり
だいぶ肌寒い日が続いてますが
そんな中
お知らせが有ります。

ご来店のお客様には
案内をしておりましたが
セロー250のブルーが
当店あと一台のみとなりました。
resize4384.jpg
店頭と雑誌等で御案内の
当店オリジナル「林道コンプリート」仕様となります。

林道に行くなら
付けておきたいガード類を
取付工賃込みで
リーズナブルに価格を抑えております。

resize4385.jpg

ZETA製 ハンドガード、XCプロテクタ、サイドマウントを付けて
本格仕様のハンドル廻り

resize4386.jpg
林道必須のアルミアンダーガード(ワイズギア製)

resize4387.jpg
これも有れば便利な
リヤキャリア(ワイズギア製)も付けて
車両価格¥543000(税抜き)+諸費用になりますが
定価プラス2万円でのプライスになります。

resize4388.jpg
resize4389.jpg

ブルーのみ一台とご案内しましたが
すでにブルーはメーカー在庫が無く
各YSPでも店頭在庫限りとなります。
グリーンとオレンジはまだメーカー在庫有りますので
ブルー以外は焦ることは無いのですが・・・
メーカー在庫ですが各色販売終了となってしまいました。(11/23現在)
よって感の良い皆様はお判りだと思います。


と言う訳で
ブルー最後の一台
よろしくお願い致します。
大場より。