デザインはよりアグレッシブに。走りはライダーに優しく。生まれ変わったMT-09。

これまで味わったことのない走りをあなたへ。

走りの楽しさそのままに新機能で乗りやすく、より多くのライダーにご提案できるバイクに。

2014年、このクラスとは思えない新設計の軽量ボディに、ヤマハの最高峰スーパースポーツYZF-R1と同様の機構を持つクロスプレーン機構を採用した新開発の3気筒エンジンを搭載。走行状況、気分によってエンジン特性を3つのモードから選べるD-MODEを採用し、パワーと軽さを生かした加速感、ストリートファイタースタイルならではの「操っている感」を楽しめる、新感覚のバイクとして2014年に登場したMT-09。結果、発売後、日本はもちろん、世界的に沢山のライダーから支持を受ける事となりました。そのMT-09が、2017年に大幅なマイナーチェンジを施し登場。今回のモデルも基本的にそのコンセプトに変わりはありませんが、一つだけ大きく変わった事があります。それは『ライダーに優しくなった』事です。ヤマハは2014年の前モデル発表当初、このMT-09は「万人向けのバイクではない、このバイクのデザイン、個性(キャラクタ-)を気に入っていただけた方にだけ買ってもらえれば良い」というニュアンスの発言をし、MT-09を発表しました。しかし、今回の2017年モデル〜からMT-09が持っているキャラクター性はそのままに、年齢、キャリアに関係なく、無理せずに楽しめるといった要素を持っています。今回も、そんな生まれ変わった2017年〜MT-09が、どの様なバイクなのか?どの様なニーズを持っているライダーの方にお選び頂きたいのかを中心にバイク店の店長、1ライダーとしての意見としてご紹介していきます。

2017年 MT-09の主な変更点&新装備

●デザインは、より近未来を感じさせるアグレッシブなデザインに
今回の2017年〜モデルのデザインも好き嫌いがハッキリと別れるモデルだと思います。私もはじめは『どうなの?』と思っていました。しかし、実際に実車を目にすると、前モデルとは違ったカッコ良さがあり、見慣れてくると『カッコ良いいじゃん』に変わってきました。ヤマハ車によくあるパターンです(笑)


ガラリと変わったフロント廻り。実物は写真以上にカッコ良いです。

●エンジン出力が6PSアップ!
国内のスポーツモデルとしてヤマハがはじめて3気筒エンジンを採用したという事で、まだ乗られた事のない方は、ご興味を持たれている方も多い事と思います。特に低速域では、3気筒、4気筒といった気筒数によるエンジン特性の違いはほとんど感じられず、今回の17年モデルでは、そのエンジン特性が更に洗練されてた感じになっています。前モデルより最高出力が6PS向上していますが、その差を一般公道で感じるのはむずかしいと思います。おそらく、高速の合流時、サーキット走行などでアクセルを思い切り開けてみないと、その差は感じられないのではないでしょうか。

●D-MODEのセッティング変更
MT-09に少し慣れてきて使うのが『D-MODE 』です。そもそも約900ccの排気量があるので普段の街中では、STDモード、または、Bモード(STDダートモードより、優しいアクセルレスポンス、パワー感が抑えられている)どちらのモードにしておいても、街中から高速~峠まで力不足を感じる事は無く、この2つのモードだけでも十分にMT-09の走りを楽しんでいただけます。2017年モデルからは設定が変更されおり、特にBモードは、より優しい設定となり、約900ccのトルク感を味わいながら街中を急かされる事もなくマッタリと走る事ができる様になりました。STDモードは、前モデルでは少し多めにアクセルを明けると、加速の度にフロントが浮きそうになる様な元気な部分があったと思いますが、そうした面は無くなった様に思います。このD-MODEの設定変更によって、ある程度、普通のバイク?として年齢、キャリアに関係なく乗っていただけるバイクになった様に思います。そして、忘れてはならないのが、Aモード(アクセルレスポンス、パワー感が向上)です。相変わらずパワフルです。スーパースポーツモデルの様なの鋭いレスポンスとパワー感の向上によってMT-09を別のバイクに変貌させます。おそらく、高速道路での料金所からのスタート、合流、追い越し、サーキット走行といった場面を除き、ほとんど使う場面は少ないかもしれません。。油断して使うと、すぐに取締が心配な速度域になってしまいますので御注意下さい。


新たに採用されたアシスト&スリッパークラッチの採用で、渋滞時等による指の疲れが大幅に低減

●アシスト&スリッパークラッチの採用
何と言ってもクラッチの軽さを体感していただけます。このアシスト&スリッパークラッチ(急なエンジンブレーキやシフトチェンジミスをの際に発生した余計なエネルギーを逃がし緩和する機構。リアタイヤのロックを防ぐ効果も)の採用で、強めのエンジンブレーキを掛けてしまった際でも、トラクション・コントロール機能との相乗効果もあり、違和感を感じないエンジンブレーキを掛ける事ができる様になりました。しかも、いかにもスリッパー効いています!という感じがないのがスゴイです。

●クイック・シフト・システム(※以降、クイックシフト)の採用
簡単に言うとクラッチを切らず、アクセルを戻す事なくシフトアップできる機能です。(ギアを落とす際は、これまで通りクラッチを切って下さい。)この機能は、かれこれ十数年前からレーサーなどに採用されているシステムであり、本来、加速スピードをキープしたい時といったスポーツ走行に有効なシステムです。それを一般公道に適した設定で使用できます。このクイックシフトがエライのは、低速走行時にもキチンと使える事です。当初、乗る前はMT-09にこうしたシステムが必要なのか?と半信半疑でしたが、実際にいろいろなシチュエーションで、この機能を試してみて、結果、良い意味で裏切られました。例えば、渋滞時など、本来なら半クラッチを多用しなければならない様な場合でも、クラッチを切らずにシフトアップできるんです。ですので、一般公道では、ツーリングの帰り道、渋滞にはまった時、単調な走行時に楽をしたい時などに特に有効があり、もちろん街中を流すのも快適なんです。今まで使った事のない方は慣れるまで少し時間は掛かるかもしれませんが、慣れてしまえば本当に楽です。ある意味、感動します。。こんな便利な機能を使わない手はない。そんな機能です。もちろん、これまで通り普通にクラッチを切ったシフトチェンジもできますのでご安心下さい。

●サスペンションのセッティングの見直し
前モデルでは、賛否が分かれた足廻りについてです。フロントのサスはあまり変わった印象はありませんが、リアサスはピッチングが抑えられて少し落ちついた感じになり良くなっていると思います。足廻については、まだまだ詰め様がありそうですね。


よりストリートファイターモデルらしいデザインとなったリアビュー。サスペンションは煮詰め直してあります。

ライダーに優しくなった 2017 MT-09

MT-09に触れて始めに感じるのは何と言ってもまずその「軽さ」です。その感覚は、ほとんど400ccクラスのバイク。とにかく取り回しが軽い。そして走りだして感じるのも、やはり軽さです。これまでリッタークラスのネイキッド、スポーツバイクに乗っていた方は、きっとこの軽さに感動すると思います。業務上、日々、様々なバイクを押し引きしているのですが、この軽さを知ってしまうと全てのバイクがMT-09くらい軽くなればいいのに、、などとつい思ってしまいます(笑。

前モデルのMT-09は、良くも悪くも『楽しいが、ちょっと荒々しいとがった特性』が目立っていたバイクでしたが、今回のモデルチェンジによって、キャラクターが一変。2017年〜モデルのMT-09は、ズバリ、新機能をうまく活用していただく事でオールマイティーに近い感覚で使えるバイクに生まれ変わりました。しかし、例えば、日帰りツーリングならともなく、ロングツーリングなどに使うと、特に中高年のベテランライダーの方は、やはり疲れが出てくるかもしれません。前モデルのMT-09は、その特性上、80km〜100km巡航など一定の速度をキープして走るのは楽なバイク、楽しいバイクではありませんでしたが、今回のモデルでのD-MODEのセッティング変更によって、同じエンジンを搭載するMT-09トレーサーの様なセッティングに近くなり、Aモードでの走行時を除き、もっとエンジンを回せ!と煽ってくる感がなくなり、巡航での走行も違和感なくこなせる様になりました。さらにツーリング先では、スリッパー&アシストクラッチとクイックシフトの採用によって指先の疲労感が大幅に低減されるのは本当に助かます。とは言え、やはりネイキッドバイクですので、高速を飛ばせば風をダイレクトに受け、結局一定の疲労感はあります。もし快適なツーリングを求めるお客様であれば、MT-09の派生モデルでとして登場したMT-09 TRACER(トレーサー)または、4気筒モデルのFJR1300といったモデルをお薦めします。結局、マシンの特性上、ツーリングを楽しむというより、「軽さとエンジン特性を感じながら、街中やワインディングを爽快に流す。楽しむ為のバイク」と、ある程度、割り切って楽しむというスタンスを持って選んでいただいた方が間違いないと感じています。

本気で走りを楽しみ場合、やはりライダーに技量を求めるMT-09

2017年モデルになり、上記で述べて来た様な変更、新機構の採用によって、MT-09は少しライダーに優しいバイクになりました。しかし、基本的にマシンコンセプトは変わっておらず、そのポジションからも乗る度に常に一定の緊張感を与えてくるバイクです。その変わり「今日は、こいつでどんな走りを楽しもうか!」といったワクワク・ドキドキ感が味わえる魅力もあり、そうしたキレのあるバイクを所有している。乗っている。といった満足感も感じられるバイクでもあります。また、今時のスポーツバイクですので、街中のチョイノリから峠、サーキットまで幅広く対応し、ある程度のバランスを保ちながら走る事はできます。しかし、MT-09のエンジン特性、ストリートファイタースタイルのポジション特性、マシンコンセプトを考えると、上記でも述べてきた様にやはり万能なバイクではありません。この為、乗りやすいか?乗りやすくないか?と言われると2017年モデルになっても決して「乗りやすいバイクではありません 」。ライダーに少し歩み寄ってくれただけです。

前モデルのMT-09は、バリバリと乗られているお客様と、あまり距離を乗られていないお客様がハッキリと別れてしまうバイクだったのです。これがMT-09の特性によるものなのか、それとも単純にお客様がバイクに乗る時間が中々確保出来ないといったご事情による為かはわかりません。ただ、どちらかの状況になりやすいバイクである事は間違いありません。それくらいライダーとマシンとのマッチングが大切なバイクなのです。この特性は、基本的に2017年〜モデルのMT-09も変わらないと思います。

ここまで生まれ変わったMT-09をご紹介させていただきましたが、ご購入をご検討される際、是非、気に留めていただきたい事があります。それは、上記でも述べてきた様に基本はストリートファイター系のスポーツバイクという事です。やはり、本当にこのMT-09を楽しもうと思ったら、前モデルと同様、自分から積極的に乗りこなしてやろう!操ってやろう!という意志、そして体力を持って乗っていないと心から楽しんでいただけないと思います。

ライダーのスポーツマインドを刺激し、新しいバイクの楽しみ方を提案するMT-09。さて、あなたはどんな事をバイクに求めますか?


新旧で大きくキャラクターが異なる新旧MT-09

前MT-09オーナーは、今の愛車を乗り続けるか、乗り替えるべきか。。

14〜16年モデルのMT-09の当店のお客様、オーナーの方でも今回の2017年〜モデルのMT-09が気になっていらっしゃる方も多いと思います。そこでズバリ極論ですが、2016年までのMT-09が気に入って乗っていらっしゃるのであれば、無理に新型モデルに乗り換えていただく必要はないと思います。その理由は、良くも悪くも変わったMT-09の特性の変化です。前モデルと乗り比べると、おそらく大抵の前MT-09のオーナーの方は、『悪くはないがコレがMT-09なのか?』と拍子抜けされると思います。それくらい乗った時の印象が変わっています。この為、デザインはもちろん、このキャラクター性の変化(優しく、大人しくなった部分)と新機能による恩恵をどうお考えになるか?という事が検討のポイントになります。ですので、MT-09のコンスプトは気に入っているが、もっとマイルドな特性の方が良いと感じている方でなければ、乗り替えていただく価値がないのです。逆に新機能、変化した特性を魅力に感じていただけているのであれば、乗り換えを検討していただく価値は十分にあると思います。また、2017年モデルに新たに搭載されたアシスト&スリッパークラッチは、14〜16年モデルにも後付できます。これは本当にオススメです。また、様々なマフラーを交換させていただいた経験から、保安基準適用のマフラーであっても交換する事によって、車両の特性は変わり、より楽しいバイクになる事もわかっています。走りについては前後サスペンションを変更する事によって、深み、粘りのある走りも楽しめる様になります。この様に前モデルのMT-09もまだまだ楽しんでいたたく事ができます。そんな事を意識していただきながら、今後のMT-09でのバイクライフをご検討いただければと思います。

MT-09とMT-07どちらにしようか悩まれているお客様へ

バイク雑誌等でも、よく記事にされ、比較されるこの2台。よく排気量の大きなMT-09は兄。排気量の小さいMT-07は弟分の様にイメージされている方も多いと思いますが、実はこの2台、同じ「MT」という名前、ネイキッドスポーツバイクであるという事を除き、まったく異なる個性を持ったバイクであり、また楽しみ方も異なる、違うカテゴリーに位置するバイクです。双方のバイクを適度に乗り込んだ経験からすると、MT-09は、難しい数式を与えられ、それを苦労しながら解いていく。「乗れるもんなら乗ってみな! 」的な感があり、MT-07は、ライダーへの優しさから「楽しみ方の方向性が沢山 ある」そんなバイク達なのです。

MT-09は、MT-07に対して、3気筒と2気筒の違い、また約150ccの排気量の違いがあり、また上級者が乗っても驚く様な特性を持ったエキスパート向けモデルであり、一方、MT-07は、大型初心者の方からベテランライダーの方まで楽しめる、スタンダードな大型スポーツバイクです。この状況は2017年モデルとなったMT-09も変わりません。この2台マシンは特性(キャラクター)が違い過ぎるのです。この為、本来なら、ご自分の使用用途、ニーズがハッキリしてる方であれば比較するバイクではありません。

また、この2台、どちらを先に乗るか、どこで乗るかによっても、感じ方が違うバイクです。例えば、MT-09は、コーナリング中、サスペンションの固さが目立ち、思った様にアクセルが開けられず、うまく旋回してくれません(これはサスペンションを交換すると解決するかもしれません)。今回の2017年モデルになり、リアのサスペンションは一定の改善は感じられますが、やはりMT-09からMT-07に乗り替えると、エンジン、車体、サスペンションの動きといったMT-07のトータルバランスの良さを感じます。この為、安心して速く走れる気がするのです。

この様に、この2台をチョットした街乗りでの試乗や、試乗会会場で乗るレベルでは、お互いの車種の本当の面白さ、良さは、ほとんど体験していただけないのです。この為、この2台を同時に試乗されると、トルク、パワーで勝るMT-09に魅力を感じ、MT-07を非力に感じてしまう方が多いのです。(私もはじめはそうでした)しかし、それは排気量の大きなMT-09と比べるから感じる事であり、MT-07単体で考えれば、まったく問題無い動力性能を持っていると感じていただけるはずです。やはり両車両、別々の楽しみ方、良さがあるのです。

以上の特性の違いから、これまで大型バイクビギナーの方、リターンライダーの方で、MT-09とMT-07のどちらを購入するかを悩まれているお客様には、場合によってまずMT-07をお勧めさせていただく事もあったのですが、今回、2017年〜モデルのMT-09の登場により、お客様へのご提案の仕方が変わってきそうです。新機能とD-モードのセッティング変更によって、ライダーへの優しさが加わった2017年モデル〜のMT-09なら、これまで本当はMT-09に乗りたいと思っていたが、元気が良すぎる性能を敬遠されていたライダーの方、これまでMT-07に乗っていたライダーの方のお乗り代え、MT-25/3に乗られていたライダーの方の大型バイクへのステップアップとしてもオススメできます。但し、今回の2017年モデルのMT-09が良くなったからといって、MT-07の魅力が失われた訳ではない事を付け加えておきます。また、MT-09がいくら新しい装備、セッティングによって、より多くのライダーにお勧めできるバイクになったと言っても、価格はもちろん、相変わらずの元気な部分を持っており、さすがにMT-07ほどの優しさは持ち合わせていません。車輌のカッコ良さ、性能は、バイク選びの重要な選択要素ですが、日本の道路環境、巡航速度といった面を考えると、結局、どれだけ高性能なバイクを手にしても、こっそりと性能を味わう事しかできません。また、そうした事実と自分の求めるニーズ、自分のライディングテクニックと向き合いながら、バイク選びをどう考えるか?という事が大切だと思います。

もう一つの考え方として、MT-09を買う予算があれば、MT-07に沢山のオプションパーツ、カスタマイズに予算を掛けられます。もし、この2台をご検討される際には、是非、そんな事も意識していただければと思います。

登場してまもないこの2台。しばらくラインナップから消えません。大型バイクの腕を磨きたい、気軽にどんな使い方もしたいという方はMT-07を。大型バイクにも慣れ、腕も上がり、もうワンランク上のスポーツモデルに乗りたいと思った時、MT-09をご検討いただければ良いと考えます。どちらも登場したばかりのバイクなので、もし自分に合わないと思えば、将来的にどちらのバイクもお楽しみいただけます。

上記で述べて来た事を参考にしていただきながら、自分の求める性能、使い方を考えて、よりイメージにあった正しいマシンチョイスをしていただければと思います。

ちなみに当店がツーリングで測った燃費では、MT-09は23〜25km、MT-07は25kmと大きく変わる事はありませんでした。これは、MT-09は普段から豊富なトルクがあるため、あまりアクセルを開ける機会が少ない事が影響し、MT-07は、MT-09に比べると、ついアクセルを開けて走る機会が多くなる為、こうした燃費にあると考えられます。特にMT-07は、アクセルのオン・オフの頻度が減り、一定の速度域で走れば、もっと距離は伸びるかもしれません。MT-09は、 この排気量のモデルとしては良い燃費であると言えますが、ガソリンがハイオクという事で後々のランニングコストを意識していただく必要があります。※走り方、道路状況によって、燃費は異なります。

では結論として、自称エキスパート?の私なら、どちらを買うか?と聞かれたらら、きっと皆さんと同じ様に悩むと思います。(笑 この2台を選ぶ基準は、「絶対性能 」か、「扱いやすさ 」どちらを重要視して選ぶか。という事になると思います。検討されている皆様には、とにかく、今の自分に合っている。向いている。と思った直感を大事にバイク選びをしてもらえればと思います。

カラーリング

ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

マットダークグレーメタリック6(マットグレー)

主要諸元

全長×全幅×全高 2,075mm×815mm×1,120mm
シート高 / 最低地上高 820mm/ 135mm
乾燥重量 193kg
燃費・定地走行テスト値 29.4km/L(60km/h) 2名乗車時
原動機種類 水冷・並列3気筒・4ストローク・DOHC・4バルブ
総排気量 846cm3
最高出力 85kW(116PS)/10,000r/min
最大トルク 87N・m(8.9kgf・m) / 8,500rpm
始動方式 セル式
燃料タンク容量 14L(「無鉛プレミアムガソリン」指定)
エンジンオイル容量 3.4L
燃料供給 燃料噴射式(Fi)
タイヤサイズ(前/後) 120/70ZR17M/C(58W)(チューブレス)
180/55ZR17M/C(73W)(チューブレス)
ブレーキ形式(前/後) 油圧式ダブルディスク/油圧式シングルディスク

価格

メーカー希望小売価格:
MT-09 ABS 930,000円 + 税

お支払いプラン

YSPスペシャルローン まずは3年、乗ってみませんか?

2017年 MT-09 ABS
メーカー希望小売本体価格 1,004,400円(税込)
据置残価460,000円の場合

  頭金200,000円の場合 頭金無しの場合
初回支払い金額 10,349円 16,109円
2〜36回支払い金額 8,300円 14,200円
ボーナス月加算 20,000円×6 30,000円×6
  • 最終回(37回目)のお支払い前に、車両返却、又は、購入店にて新車へ乗換えるプランを選ばれた場合には、基本的に最終回のお支払いの必要はありません。継続して乗られるプランを選ばれた場合には、37回目のお支払い(420,000円)が必要となりますが、残金を新規分割(ローンをお組みいただく事)として申請する可能で、継続してお乗りいただく事もできます。
  • YSPスペシャルローン実質年率は2016年4月現在の利率です。
  • このお見積りはメーカー希望小売本体価格ベースの試算です。納車についての諸費用、任意保険は含まれておりません。
  • お客様のご希望に合う、より具体的な支払プランはYSP川口にご相談ください。

YSPスペシャルローンについてもっと詳しく